Blog

連日の低血糖でインスリンの量を減らし続ける【A1Cマスターひろ】ですが
朝食時のノボラピッドを、なんと~1単位に!!
その結果は・・・
血糖値は

スポンサーリンク

ちょっと、怖いのですが過去の記事に書いたように挑戦してみます。
→ついに1型糖尿病が完治する【A1Cマスターひろ】です
ランタスも30単位から20単位にまで減らしています。
20年間で最もインスリン量の少ない1日が始まりました。

やっぱり無謀な挑戦だったようです

無謀な挑戦
血糖値を見ればわかるように朝食前のノボラピッド1単位では
少ないのは明らかでした。当たり前だろが!
(わかっていましたがやっぱりダメだったか・・・)
そして、昼食前の12:00には血糖値は68まで下がっていますので
インスリンの効果を考えればノボラピッドではなくランタスを
減らす方が正解かも・・・
血糖値
朝食前    108  ランタス20単位、ノボラピッド単位
8:00   359
10:00  242
昼食前     68 ノボラピッド単位
14:00  224
16:00  145
18:00   65
夕食前    125   ノボラピッド20単位
夕食2時間後 131

夕食前はノボラピッド20単位なのは

仕事で体を動かしている日中と、帰宅後で動かなくなる時間帯では
インスリンの量が大きく違ってきます。

運動がいかに大切かということでしょうね。
どれだけ違うのか?
それはわかりません。
個人差もありますし、生活環境、精神的な状態の違いなどなど・・・

【A1Cマスターひろ】にとって大切なのは、自分の身体に合った
インスリン量を推測、推定できるように大枠でも把握することだと思っています。
細かい変化はその都度調整すればいいじゃない・・・

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top