Blog

eyes0691.jpg
糖尿病患者が一番多い のは四国の香川県だったけど
糖尿病患者が一番少ない のは同じ四国の高知県!

ワーストとベストが同じ四国というのは・・・

スポンサーリンク


高知県といえば酒をたくさん飲む県民というイメージですが
偏見だったらゴメンナサイ。

でも、データで見てみると
お酒に使われる出費は全国一位だそうです。
お酒を飲むと糖尿病になりにくいのか???

土佐の高知の郷土料理

朝日放送『みんなの家庭の医学』でこんなレポートがありました。
東京医科大学の小田原雅人教授は高知県民の食生活に注目。

高知といえば『カツオ』ですが、高知に人達はカツオを食べる時に
たたきでも刺身でもポン酢で食べるんですね。

その他にも、多くの料理にポン酢を使うというのです。

そう『お酢』に何か良い効果があるのかも・・・
お酢が健康に良いというのは広く知られていますが
糖尿病とお酢にはどんな関係があるのでしょうか。

小田原先生によると
「お酢が炭水化物をコーティングするため吸収が遅くなり
血糖が上がりにくくなるため」と解説しています。

さらに、食事に時間をかけていること、魚をよく食べることなどが
挙げられていました。

魚が糖尿病予防に効果あり

小田原先生は魚に含まれる“EPA(エイコサペンタエン酸)”が
血糖値の上昇を抑えさらにインスリンの分泌も活発にしてくれると
言うのです。

データによると魚を毎日、食べている人は食べていない人に比べて
22%も糖尿病の発症率が低いというのです。

【A1Cマスターひろ】も、もっと魚を食べておけば良かったのか・・・

やっぱり食生活が大切・・・

同じ四国の香川県と高知県でも食文化が違うものですね
ご存知のように糖尿病は放っておけば合併症というリスクが
あります。

1型糖尿病と違い、食生活に注意すれば2型糖尿病になる可能性が
低くなるなら注意してくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top