Blog

HbA1Cが悪くなっちゃった!
実は、2012年の4月からA1Cの数値が変わったんですね。
それってナゼ・・・
002977

 

スポンサーリンク


これは日本の検査結果と世界の検査結果に差があったために
日本が国際基準に合わせたということだそうです。
現在は2012年4月以前の検査数値より0.4%高い結果に
なっているんです。

あなたの数値が悪くなったのではないので安心してください。

でも、未だに病院の待合室では年配の患者さんたちが
「0.4足すんだっけ?引くんだっけ?」という会話が聞こえてきます。
当面は、新旧両方の検査結果の両方が併記される病院が
多いみたいなので迷うことはないかと思います。

検査結果をよく見るとJDSとNGSPと書かれているのですが

●NGSPが国際標準の数値
●JDSがこれまでの日本の数値
と区別されているようです。

たった0.4%なんですが、A1C6%を切ることを目標にしながら
いつも6.5%前後をうろうろしているA1Cマスターとしては
ちょっと微妙な感じなんですが・・・。

でも、ちょっと疑問が・・・
日本のA1C検査技術が国際標準と違っていたということですが
なぜ、日本だけが0.4%低くなるんでしょうかね???
国際標準のほうが正確なんでしょうかね???

これってもしかしたら、日本の検査精度が高くて
世界が遅れているのかも。
日本の検査技術のほうが劣っているとは思えないのは私だけ??
患者にとっては世界標準だろうが日本の基準だろうが
どっちでもいいんですけどね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関連記事】

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

カーボカウント
低血糖の症状と対処

目次

インスリン注射の打ち方

糖尿病の食事

糖尿病ニュース

血糖値を下げる




Top